top of page

大阪芸術大学情報センターにて、大学所蔵のプレイエルピアノ修復完成記念コンサートが行われました。修復は音楽学科客員教授の山本宣夫先生によって行われました。 ピアノは川口成彦さん。https://naru-fortepiano.jimdofree.com

山本先生によって現代に蘇った素晴らしい音と川口さんのピアノ演奏。ショパンもリストもこのプレイエルを愛し続け、その音は数々の偉大な作曲家と演奏家に創造の情熱やインスピレーションを与え続けてきました。

その音を目の前で聴けたことは私の人生にとって本当に宝物のような体験となりました。


大阪芸術大学アートサイエンス学科30号館にて、アンドロイドオルタ4と渋谷慶一郎客員教授によるコンサートが行われました。近い未来、オルタに魂を揺さぶられ人が涙する日が来るのでしょうね。。。。

https://www.osaka-geidai.ac.jp/whatsnew/oshirase220426

50年以上にわたる歴史と伝統を持つこの実験ドームは、音楽学科の学生たちにとって、まさにレジェンドでありサンクチュアリ。音楽・音響デザインコースのDNAはここで受け継がれてきたと言っても過言ではありません。諸先輩の方々により数々の空間音響作品が制作され、また先進的な実験が繰り広げられてきたこの実験ドーム。2022年度、客員教授のエバラ先生の総合デイレクションの元、最新テクノロジーと共に今後50年先を見据えた究極の制作フロントラインの場として生まれ変わりました。まさにSuper New。

世界に類を見ないこの音響システムは、これまでに体験したことのない空間音響を作り出し、きっと音楽と音の新しい可能性を導き出してくれるでしょう。








bottom of page